FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シドニアの騎士第38話 アフタヌーン2012年7月号掲載

シドニア百景 NO.30 外周壁エレベーター前

エレベーター前と言っても風景としてはただの壁と地面。
長道とイザナとつむぎのスリーショット。
やたらと長道イザナの間につむぎ挟むけど意図したものなのかな?

#38 白羽衣つむぎの思慕 … イザナを伴い新しい住居に移る長道。
             次々と開発される新しい兵器群。状況は移り変わっていく。
             そんな中、操縦士の欠員を埋めるため、急遽
             イザナは偵察部隊へ組み込まれる。
             


シボだと。タイトルが白羽衣つむぎシリーズになっとるw

新しいイザナの義手は10本指。
そうなってみれば元から10本指だったかのように自由に操れる様から
人間の脳は凄い、と佐々木さん。
10本指専用のグリップを試験している。ボタンが馬鹿みたいに多いw

一方長道は引っ越し先の物件を探しに不動産屋?へ。

不動産屋はとりあえずパイプマニアらしい。
それよりも配管特集のムック本が存在している事にシドニア人のセンスが光るw

長道の希望は外周壁。通常外周壁は一般人が住める様な地域ではないらしい(山の手?)
しかし長道には無制限居住許可証、と言う物が与えられており、自由に住む事が出来る様だ。
文字通り、(住居なら)どこにでも住んで良いのだろう。流石は英雄。

無駄にセクシーな不動産屋さんのサービスカットを挟みつつ無事に物件が見つかる。

イザナ帰宅。今はもっぱら一人暮らしだが、家に明かりが点いている。長道に合鍵を渡しているのだ。

帰って早々、長道にこのままこの家に住まないか?と提案するイザナ。
とは言え、長道は昼に物件を見つけてきているのだ。

長道が見つけてきた物件はつむぎの収容されているスペースからかなり近い位置にある。
そして外周壁の物件である事に驚愕するイザナ。

逆にイザナも一緒に引っ越さないかと誘う長道だが、
平(ひら)の操縦士が外周壁になんか住めるわけないだろ、とヘソを曲げるイザナ。
でも実は、無制限略には同居人が一人認められていた。
なんとも奥深い表情で同居を認めるイザナ。

ていうかユレさん孫に勝手に出て行かれて涙目じゃねw

新しい物件は駅から遠いが、基地に直通のエレベーターも有って操縦士も安心の条件。
びっしりと苔に覆われてはいるが、なかなかユニークな佇まい。
部屋数も多そうで二人で住むには贅沢そうな家屋だ。
にしてもヒ山さんが随分と物語からフェードアウトしてるのが多少気になるw

誘われて顔を出したつむぎも快適に通える場所で良かったと喜んでいる。


場面変わって、長道は新型機体のコクピットのテストをしている。
継衛の正当な(バージョンアップされた)後継機になる予定の機体だ。

陶磁器の様に美しく、軽くて丈夫な装甲材も施される予定。
針ほどのサイズのサンプルだが、一か月レーザーを照射し続けても切断されていないとか。

それが巨大ロボの装甲として分厚く盛られたら、これは相当な強度になると思われる。

やたらノリノリで解説する作業員。素晴らしい素材に浮かれているのだろう。
この技術は前回開発されていた新型融合個体を生み出す過程で得られたデータも使われているのかも。

ただ作るのに凄まじくコストがかかるらしく、19式の100倍はコストがかかっているらしい。
パイロットが耐えらえる仕組みは用意出来ないが、恒星の中心にまで到達出来る程の強度らしい。

さらに新しい兵装が登場。
衛人用自立支援機(試作)で、衛人を通常4機連結出来るらしい。
合体ですね!と楽しそうな長道。何気にロボオタの血が流れているらしい。

近くに居たぶっさいくな操縦士が技師に質問する。
支援機の先端に付いているのは人口カビか?と。認める技師。

まるで特攻のための棺桶ではないかと吐き捨てる。
100倍コストの新型のせいで19式の生産数が減り、性能で劣る18式に乗り続ける事になったようだ。

18式にしか乗れないような下級の操縦士は捨て駒扱いか、と
最新鋭機を与えられる(見込み)長道に不当な恨みをぶつけるぶっさいくな操縦士。
ドン引きする様な顔のアップですれ違いざまの皮肉も忘れない。
どうやらストレスで相当精神を病んでいる様だ。

その夜、それなりに落ち込む長道、を気遣うつむぎ。
近くの壁にはりついていたノコギリクワガタをつまんでしげしげと眺める。

てかシドニア、普通にクワガタ居るのかよwてかこれ先生じゃねーの?www

気まぐれに飛んで行ってしまうクワガタ。

切ない雰囲気を残して就寝する。
と、つむぎが長道の部屋に入り込んでくる。寂しくなって一緒に寝たいようだ。
涙が出るのか分からないが、グスンと甘えてくるつむぎを邪険に出来ず
一緒に寝る長道。触手系ヒロインどころか触手そのものとくっついて寝るのは
流石の長道でもちょっと辛そうだw

翌朝、3人で朝食。納豆を嗜むシドニア人。
つむぎが納豆をミキサー大帝するが触手に絡みついて取れなくなりそうなんだが・・・。

イザナ宛に纈から通信。
惑星ナインの偵察任務を放棄して逮捕された操縦士が出たそうだ(ぶっさいくな人かも)
そして、代わりに任命されたのがイザナと言うわけ。
愕然とする長道。


これから拠点とする予定のナインに不穏な点が無いか調査するのだろう。

出撃する18式×4
早速支援機の出番だ。高速自律支援装甲「隼風(はやかぜ)」
四角錐っぽい形でいかにも刺さりそうだ。悪く言えばミサイルの様にも見える。

とは言え、衛人の燃料を使わずに加速したり、盾代わりにしたり
オプションを収納出来たりするのならかなり有用な兵器と言えそうだ。
人工カビも付いてるから分離して特攻だって出来る。
流石に独自の武装はついてない、かな。

最近おなじみの4人組、長道、勢威さん、イッタンタン、弦打の4人は待機組。
落ち着かない長道に散歩でもして来いと勢威さん。勢威さんどんどん若がってる様な・・・。

待機していても、有事に即応援に出られる距離ではない様で、まあ要は
任務失敗(全滅)した時の控えなわけで、長道達が出る様な羽目になれば
イザナ達が無事って可能性はほぼ無いわけで。

つむぎの所まで歩いて行って共にイザナを心配する。

次回、偵察隊の運命は如何に?

急に緊張感ある展開に入ってきた。
最近比較的まったり気味だったものの、そろそろ開戦(オープンコンバット)か
そしていい加減イザナはヤバイのか?w
そろそろシドニア回のコーラサワー、異能生存体になりつつあるイザナの明日はどっちだ。


ついでの影技。

大将が引き揚げてしまい、相手方には無傷の字名持ち(しかも実はセヴァール)と
大将を打倒した最強のセヴァール(ただし本当は立ってるのがやっと)を迎えて
意気消沈気味な侵略軍。士気も高いクルダの闘士達に押されていく。
(もう帰りゃいいのに・・・)

前線に出ようとするガウに無暗に殺すなと何か今更な指示を出すエレ。
うーん、これまで散々ガウは人を殺す事が当たり前の世界で強くなっていかなきゃいけないねって
話もしてたし、その辺の葛藤も乗り越えたからセヴァールに任命されたと思うんだけど
なんか今更そんな事言うの?って気がするなぁ。まあこのおねえちゃん過保護だからなぁ。
てかまた何かちょっと絵が変わった気がする。

さて相変わらずダラダラ肉体消滅ごっこして遊んでいるおばさん達。

真の秩序法典とは、この世界の全ての秩序を自由に操る力を持つ魔導書、らしい。

へ、へえー

チート過ぎてなんかもうあっそうとしか言い様がないが。

2000年越えチームの皆さんはそもそもこの魔導書から得られた知識・力で
絶大な魔導力を意のままに出来ているらしい。しかもまだ解読できた内容は3割程度なのだそうだ。

ギネちゃんはこの魔導書を研究し、より絶対の力を我が物にしようとしている様だ。

リルベルトは魔導書を所持しながら、それを使わない。力の探求をしない。
それは許せない事だと、怒りも露わに猛攻をかけるギネちゃん。

大技を叩き込み、リルベルトの肉体を完全に消滅させる。

リルベルトの体内に隠されていた秩序法典がその姿を現す。
ギネちゃんが手に取ろうとすると、弾かれる。

本を中心にリルベルトの肉体が復元される(何で服も戻るんですかねぇ・・・?)

リルベルトは体内の器官を全て取り出し(カイ・シンクの脳の様に別所で結晶化している模様)
自らの肉体を秩序法典の器と転じていた。

そして秩序法典の力に寄り、器となっているリルベルトの肉体も無制限に再生されるようだ。

ちなみにここでラルジェントはリルベルトの姉である事が明言された。
エリアード・ジーンはラルジェントが秩序法典を所持している(体内に持っている)と思い
それを奪おうとしていたらしい。

そしてギネちゃん。そんな物を持ったまま子を宿したならそりゃ人外が生まれるのも分かると。

ん?内臓とか全部抜いてるのに子供は作れるんだ・・・まあ、いいけども。

3人の子ってヴァジュラ、スカー、ガウか。ヴァジュラも弱くはないはずなのに何かこう・・・。
首切断して胸陥没したぐらいで死ぬからなあアレ・・・。いやまあ普通死ぬけど
スカーならまずそんな羽目に陥らんし、ガウならそれぐらいされても何か普通に立つやろうし・・・。

さて、状況を把握したギネちゃん。もう一度リルベルトの肉体を破壊し
取り出した本の支配権を奪おうと企む。

しかし聖王女様もいい加減やられてばかりではない。
見開きで説教かましながら猛反撃だ。

属性の異なる複数の魔導力を同時に叩き込む。

ギネちゃんも混!!?成!!?魔!!?力!!?とぶっ飛ばされながら頑張ってリアクション取ってる。

今度はギネちゃんが分子単位ぐらいに分解されるがやっぱり瞬時に復元。
正直この戦い、ダルイ( ´Д`)

これでもまだ再生する・・・!どれ程の再生能力!?

いやいや、肉体粉微塵にしても完全復元するんだしもう物理的に倒すの無理ってわかりそうなもんやん。

アップ以外の顔の書き方が急に変わった上に特徴あり過ぎて辛い。
そしてギネちゃんの頭のデカさも辛い。

ギネちゃんの周りにぷかぷか浮いてた宝玉。飾りと思ったら杖と連結させてきた。
魔導力が…単純に六倍に跳ね上がる!!!!


( ´゚д゚`)エー単純すぎるやろそれマジで。

とりあえずギネちゃんの6倍界王拳で聖王女がぶっ飛ばされた所まで。

正直どっかん合戦はつまらんけど、まあリルベルトの方は次肉体が消滅して
本が無防備になったら詰みやから、多少は防御側の緊張感はあるか・・・。

とりあえずおばさん対決はさっさと決着つけて欲しい。

地上の戦争も最初に大ボス倒してしまってるからいつまでやってるのって感じではあるが。

そろそろ次のガチバトルを初めて貰いたい所やね。

シア・カーン出てきたら連載終了の合図か。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。