FC2ブログ

宇宙の戦士

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?が、短くてすぐ読んでしまったので続いて

宇宙の戦士/ロバート・A・ハインライン

を読んだよ。こっちは結構長い。500ページ近い。
原題がStarship Troopersで、モロにスターシップトゥルーパーズの原作。
原作って言うか、モチーフかな?流れは大体同じなんだけどね。

しかしこれ、内容的には、外人が日本人はチョンマゲに袴だって思ってるってぐらい
何十年も前のアメリカに対する酷い偏見を持ってる人のイメージ通りのアメリカ像を
そのまま描いてる様な作品だな。
まあ、何十年も前のアメリカの一定方向に偏った精神を描いてるのは間違いないので
言ってしまえば事実そのままなんだが。

細かい事置いといて、スタジオぬえのパワードスーツ(機動歩兵)のデザイン及び
挿絵秀逸過ぎる。超絶格好良い。これはプラモが馬鹿売れしたのも頷ける。
フィギュアの方は結構キツイ出来だったけどね。
プラモは今度買おう。

内容的には、ジョニーがひたすら訓練に明け暮れて民間人の坊やから
ガチガチの機動歩兵になるまでの過程が書いてあるだけだったり。
あんまり派手なシーンとかは無いんだよね。冒頭部分が一番戦ってる気がするし。

結構トンチが効いてて、一緒に志願した親友のカールが再登場した時は
おいおい、だったり、ああ、そう、冒頭の戦闘で負傷したフロレスが完全に
オチになってた時は色んな意味で吹いた。でもあれでこの小説の中身が分かるね。
最後の最後にやり切った小隊軍曹が実は・・・だった時とかもね。
捻りが有って単純に面白いと思う。
最後の親父w

まあでも、誰にでもオススメと言うわけにもいかんねこれ。
軍国過ぎるし、超メリケンだし、反感持つ人も居るよねえ。
巻末のコメント群面白過ぎるしw2chとか無い時代でも人は変わらんね。

うちとしてはかなり面白かったんだが、難しいね。人に伝えるのは。
男の子なら結構、うーん、どうかな。人に寄るか。

SFって言うよりは思想、思想、思想って感じだしなー。
確かにパワードスーツはある。宇宙船もある。侵略異星生物もいる。
でもそこじゃないからなー。
フルメタルジャケットって言うか、貴様らも永遠である、みたいな。

完全にハインライン哲学よなー。デュボア先生とかさ。

うーんでもやっぱ面白いと思う。機動歩兵最高だよ。


次何読もうかな。2001年宇宙の旅にしようか・・・。

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する