スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シドニアの騎士第30話 アフタヌーン2011年11月号掲載

シドニア百景 NO.24 旧研究施設
ほとんど影でよく分からん。チラっと写っているのは恐らく本編最後に出てくるあの人(?)
となると結構デカい空間か・・・

#30 仄煉の決意… 新型衛人で出撃する長道だが
         シドニアの新兵器群に早くも対応した奇居子に苦戦を強いられる
         追いつめられる長道と衛人隊の前に新たな奇居子の影が・・・?


通常の個体とは比べ物にならない程巨大な奇居子を迎撃するため衛人隊が出撃。
それにやや遅れて長道が出撃、一機で出たにも関わらず先行する四機掌位の仲間を追い抜いて行く。

十九式試作機は従来機に対して圧倒的な推力を持っているのだ。

味方がもう長道一人でいいんじゃね?的な空気に浸る中、十九式が長距離砲の射程範囲内に奇居子を捉える。

その瞬間、十九式のメイン推力を担う背部ユニットが激しい衝撃とともに機能を停止する。

奇居子からの狙撃である。

奇居子は早くも衛人の新兵器と互角の長距離狙撃能力を獲得していたのだ。

負けじと撃ち返す長道。巨大な奇居子にたやすく命中する。
しかし必殺のはずの本体貫通弾は奇居子の表面で停止してしまう。

奇居子は性質を変化させた胞衣を交互に重ね合わせ、装甲と化していたのである。

奇居子はシドニアの新兵器に対して攻撃・防御の両方の面から同時に対応してみせたのだ。

仄煉の提案により、衛人隊の全火力を一箇所に集中する事になった。

そしてこんな事もあろうかと!佐々木博士!?

十九式にはさらなる新兵器が搭載されていた。手持ちの小型銃の様な物で
最大36発のGCPDSをフルオート発射出来る代物。ただし射程はかなり短く相当接近しなければ効果は出ない!

ところで纈から、いや十九式背部ユニット壊れてますやん大丈夫ですのん?と指摘。
ところがどっこい、十九式は脚部のスラスターだけでも十八式の全推力を上回る出力を持っているのだ!
凄い!感動の嵐!十九式って、なんてパワーなんでしょ!

そしてここで十九式が変形!十九式は変形ロボだったのだ!
背部ユニットや長距離砲が折りたたまれ、腕部や脚部が展開、戦闘機じみた
鋭いシルエットから十八式よりも一際大柄に見える人型へとチェンジ。
装甲がかなり細かく複雑化しており、従来機より異形の相を見せる。
頭部も丸みを帯びてより生物的な、凶悪そうな面構えに。

奇居子の高精度かつ激しい砲撃に衛人隊から撃墜される機体も出てくる。
加えて消耗した胞衣も修復が早く、一気に畳み掛けねば先に弾切れになってしまう。

焦る長道だが、機体が思うように動かせず、被弾。長距離砲をロスト。
サマリ用の調整をなされた機体との相性の悪さが表面化する。

それでも果敢に攻める長道だが、ついには新武装毎右腕を飛ばされてしまう。
もはやGCPDSを撃つ事は出来ない。ならばヘイグス粒子砲だ!

ところが、十九式試作機には次世代のヘイグス粒子砲が搭載されるはずだったが
今回の出撃には間に合わず、未搭載のままなのであった。

一切の攻撃手段を失った長道。
このままでは撃墜されるのを待つだけだ。

仄煉がヘイグス粒子砲を連射し、十九式を援護する。
だがついに胞衣の修復速度が攻撃部隊の火力を凌駕し始める。
決定力に欠いたこの状態では勝ち目はない。

纈が後続部隊の出撃を決意したその時、シドニアの隣接距離に突如奇居子の反応が出現。
そして異常な速度で戦闘区域へと突き進む。

その行く手には長道と煉の機体が有った。


新たな奇居子への対応を意識する間もなく、巨大奇居子の砲塔が両機を捉える。
死を覚悟する煉。閃光。

次の瞬間、胞衣を大きくえぐられた巨大奇居子と人に近い形をした新たな奇居子の姿が有った。


満を持して落合1号さんin海苔夫ちゃん登場。
新たに登場した奇居子に御父様と呼ばせる特殊な性癖を露出しつつ次回へ続くのだ。

新型機登場。高スペックを誇りながらも完全には性能を発揮出来ないと言う演出。
操縦が自動化されてて使いにくいってのはどっかのレイバーみたいやね。
この後の長道の乗機がどうなるのかにも注目が集まる所ですな。

海苔夫ちゃんと一緒に出てきた味方?の奇居子はそんな新型がカスに見えるような
圧倒的な戦闘力を持っている様子。これは海苔夫ちゃんのなかの落合さんがすげー調子に乗るフラグw
どうしてこう次から次へと先が気になる展開を生めると言うのか。


さて、影技も載ってますよと。

ギネビィアに対峙して戦闘態勢を取るリルベルト。
御付きの聖騎士さん達もな、なんて力だ!的なテンプレでビビりまくる。
調子に乗って神罰とか言いながら攻撃を開始。
でも当たったのかかわしたのか分からないけど全く効いてない様子で
ギネビィアさんも魔戦形態へ移行。
わいも神やでwwって言ったらあんたは邪神やけどなwとか言われた。
なんなんこの子ら。子供か。

一方その頃、ライディーンさんに魔導力を注いでた魔導士が全員頑張り過ぎて死んでしまって
ゴーマさんも相当ビビッてエレ姉さん死神っすか^^;と冷や汗かきまくり。
ギネビィアさん、勝手に心読んでたのか、それが冗談でも何でもなかったらどうする?と囁く。
え?まじ?そういうことなの?と勝手に得心がいった様なゴーマさんムキになって
ライディーンさんをさらにけしかける。

ライディーンさんを直接操作して攻撃をしかけるゴーマさんだが
エレ姉の説得コマンドが成功してライディーンさんにかけられていた魔導力が解除される。
(強制操作と同時にアストラルボディー等の効果も消える)

なんか急に自意識に目覚めたっぽいライディンさんが今まで殺した人達に悪い事したわー
マジ悪かったわー的な事言いながらも自らの意思でエレ・ラグとの戦いを望む。
なんかガウのおねえちゃんでいたいってのはマジ本心やからーとか言ってるけど
ロクに顔も見てなかった相手のおねえちゃんになりたいとか言われても違和感しか感じねーw

神移を使って一瞬で間合いを詰めるライディンさん。陰流じゃないのに使えるのね・・・いいけども。
そして炸裂する新技「大牙(タイガ)」
神移(が必須かは分からんが)で相手の背後上方に回り込み、後頭部に向かって
真上から両手で空牙をぶちかますという荒業。

上方から放つ事で相手は大地に挟まれて回避出来ず10の真空波の威力を全てまともに受けてしまうのだ!
これは神殺に匹敵するかもしれん威力がありそうな技やな。

ガウ君ももはやこれは神の力じゃあああと戦慄しまくり。

ちょっと戻ってリルベルトさんとギネビィアさんの会話。
エレとガウって強すぎやんなーwなんでやと思う?ww
あたし思うやけどーーーwあいつらラザレームの能力持ってるんじゃね?www
でもって多分エレってカイ・シンクの子供やと思うねんけどーーーーwwwww

と、妄想ノートをあけっぴろげにしてきた。
さて、それを裏付けるのかどうか知らんけど大牙を食らってもほとんどダメージを受けた様子もなく
エレ姉がそろそろ本気で行くぜ?とノリノリで立ち上がってきた。
本当に陰流の人達気の毒やわw

なんかこう、ガウとかエレがチート臭いのはこういう理由なんすよーって説明が入ってきた。
結局、血の力で強いんですよみたいな事言われたらちょっと身も蓋も無い・・・って
それは割と元からかねぇ。主人公達が強い事が嬉しくない作品って印象がどんどん
強化されてる気もするが、激化するバトルはさらに続くのだぜ。


スポンサーサイト

シドニアの騎士第29話 アフタヌーン2011年10月号掲載

ふう、追いついた。

シドニア百景 NO.23 操縦士用外階段

普通の階段。てかシドニアって脚滑らせたら死ぬなって風景が多過ぎる気がするw

#29 科戸瀬ユレの逡巡…



操縦士若手組。前回の激戦でも生き残っていたか。
一週間に一度のはずの食事に長道を誘うけれど無下に断られるw

イザナのおばあちゃんは岐神開発が融合個体の部品を処分してないって事で注意しに来た。
そこで見たのは生きている様に動いている融合個体。
流石のおばあちゃんも腰を抜かしていた所に融合個体の中から這い出して来る海苔夫ちゃん。

僕がこれを操っているんですよ!と言う海苔夫ちゃんにはあ?そんな事できるわけないでしょとおばあちゃん。
あれ、この人結構頭の巡り悪い・・・?天才の一人のはずなんだが・・・。

海苔夫ちゃんが落合の研究を発展させたと知ってかなりビビるおばあちゃん。
おばあちゃん前々から落合に対してかなり高い評価持ってたっぽいしなぁ。

オッチーの方でも出来れば血線虫は使わずにユレさんを抱き込みたいみたい。
血線虫使うと別人格になっちゃう=本来の天才性等を損なう可能性が有るのかもね。
ユレおばあちゃんをも利用して、本体入りの使える融合個体をゲットしたいみたい。
オッチーの野望も順調ね。

イザナは最近長道が妙にコソコソしているのを怪しんで問い詰めるが逃げられる。
続けて纈も見つけて話を聞こうとするとガン逃げされる。
仕方ないので長道の後をつけると長道はサマリ・イッタンさんと会っていた。
そんな時に奇居子接近警報。と同時に隊長を崩すイッタンさん。
もしかしたら奇居子恐怖症とかになってしまったのかも。
まあ、単にタイミング悪く風邪引いただけかも知れんけど。

今回の奇居子は途中でばっくれた移民船を取り込んだ物だった。
移民計画は失敗みたいですね。奇居子はやっぱり基本的に人類の存在を許さないんだね。

さて出撃だが、サマリンが隊長崩して出られなくなったので
サマリさん様に調整していた機体が遊んでしまう事になった。
代わりに長道を乗せたいと上の方は言ってるみたいだが…。

佐々木さんの下によく居るおっさん良い味出して来てるなぁ。

継衛はもう使えない、との発言。もう二度と、なのか修理が終わるまではって事なのか。
性能差はさほど無かったにせよユニークな機体が出なくなっちゃうのは寂しいのぅ。

コマにすると3コマなんだけど色々情報が飛び出してきた。
長道のために準備してきた新型機は現状間に会っていない。
新型機は十八式より制御が自動化されている。
長道は継衛のような人間の感覚で挙動を制御する機体じゃないと合わない(のではないか)

なんか色々フラグ立ってる気がするが、とにもかくにも
新型の十九式試作機で長道出撃。

いよいよ出てきた新型機体。継衛はお役御免なんだろうか。
今回長道用に調整された機体じゃなくてサマリ用機ってのがまた気になるポイントやねぇ。
果たしてまともに操縦出来るのか、さらなる機体交換はあるのか。
十九式の性能やいかに?気になる点がいっぱいだぜぇ。
サマリさんもどう言う状態なんだかねぇ。

にしても十九式建造するの早いなw一体どれぐらいの時間で作れるんだろって言うか
前回の出撃から何日ぐらい経ってるのか分からんw
あと仄姉妹がフェードアウトしてるぜ~キャラ多いと順番回ってくるのもなかなかだな。
3か月分ぐらいいっぺんに読みたいね~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。