スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シドニアの騎士第24話 アフタヌーン2011年5月号掲載

シドニア百景 NO.19 操縦士寮旧非常階段
要するに長道、イザナの家ですな。ここに戻るために。

#24 723の抱擁…
 第二小隊の任を引き継ぎ第一小隊は推進源を目指す
 追いすがるガウナの猛攻に一人残った長道は窮地に陥る
 そして艦長は非情の決断を下す


自らの指揮の下、第二小隊の全滅の状況に動揺する纈。
すかさず艦長は推進源を破壊出来ない場合でも30分後にミサイルを発射する事を命じる。
衛人第一小隊に残された時間は残り30分。

覚悟を決めて第一小隊に改めて推進源の破壊を命ずる纈。
とは言え第一小隊は奇居子群に包囲され、その数も2/3程に減じていた。

うろたえる隊員達の中でイケメン勢威さんが先頭に立って地表スレスレを抜けて行く。
貴重な女性隊員等の被害に涙(ノД`)

さらに纈の新たな指示、地表をえぐる谷の様な地形を発見。
そこに潜り込めば地上からの射撃は回避出来る。
班を3つに分け(長道班、勢威班、サマリ班)、それぞれ推進源を目指す。

だが奇居子群も黙ってはいない。
新型の高速奇居子が猛スピードで追撃し、衛人を次々と撃墜していく。
脱出した人も居るけど・・・助からないだろうなぁ。

この新型ガウナもやはり衛人をベースにしたもの、それも重力下での試験機で
人類側でも実用化されていないタイプ。過去に取り込んだ人間の記憶から採用したものか。

スピードを落とし、高速タイプの後ろを取った長道が一機撃破。
内部からは人を模した胞衣も排出される。

さらに追撃する長道だが、敵を見失う。すると背後に羽根をもった蟲の様な形状の奇居子が出現。
これは別のタイプなのか、先の高速タイプが形状を変えた物なのかちょっと分からない。

至近距離からの砲撃、対ヘイグスビームコーティングをも撃ち抜き、谷風機の左腕を損傷させる。
てかこれまでその他の衛人さん達をバンバン撃墜してたけど皆コーティングしてないんかな?

さて、新型は継衛に取り付き、拘束する。そのまま零距離ヘイグス砲!
直撃を避けたものの頭部周辺を損傷する継衛。長道も意識不明の状態。
しかしそのままの状態で暖帯加速装置を収納状態に戻し、奇居子と組みついたまま発射。
見事奇居子を撃破する。

しかし意識のない長道はそれ以上の操縦が出来ない。機体が地面に激突すると思われた時
駆けつけたイザナ機が継衛を支える、が、重力下では他の機体を持ち上げる程の力は無く
二機共に高度を落として行く。
このままでは長道が危ない、イザナは機体の位置を入れ替え、自らの機体をクッションにして
継衛を守ろうとする。シドニアの希望の光を消さないために。

そして墜落、地面に激しく叩きつけられたイザナ機はボディ中央部を残し粉砕。
継衛の損傷は軽微にとどまったが、長道の意識は戻らない。
包囲する奇居子。

艦長「対惑星ミサイル発射」


(:´Д`)何と言う緊張のスパイラル。能面の艦長が格好良過ぎる。
どこにも逃げられず、奇居子に囲まれ、地面は間もなく木端微塵に?
果たして二人の運命は?次回へ続く。

あと影技。
新章、でもないが、次の展開のスタート。
例によっていきなり戦争状態。章の変わり目はいつもそう。
クルダで戦闘だけど、聖王国守護の要なので他の国も色々支援してくれてると言う事。
久しぶりに出てきたコア・イクスが呪印団副長とかで吹いたw
(隊長はフォウリー)

クルダ全軍に対して敵戦力は5倍強。良いハンデだと言い放つのは59代セヴァール。
これまた久しぶりにリムルとか出て来てる。

んで前線。それなりに苦戦してるクルダ傭兵部隊。
そこに一皮剥けた?ガウ君登場。同い年ぐらいの子を発見して軽く雑談しつつ敵部隊を
ぼてくりまわす。あれ、ブラックウィング使ってますけど・・・ジュリアネスに捨ててませんでしたっけ・・・。

その暴れっぷりに味方も気付き、きた!ブラック=ハウリングきた!これで勝つる!と大歓迎状態だった。
ついでに敵兵は殺さず戦闘不能にしているだけと言う有頂天状態。

さっき粉つけた子にまるでセヴァールですね!と言われてピクリとガウ君。
まだ誰も知らず、本人もセヴァールを襲名した事は名乗る気は無いみたい。
あれ、セヴァールってクルダの誇りを背負った称号なんじゃ・・・。
謙遜とかしてたら皆さんの誇りを汚しちゃうんじゃ・・・まあいいですけど。

なんか槍技(そんな流派もあったのか)の人とかも来て雑談してたらライデイン登場。
刹那を打ち込みながら雷撃放ったりしてるけど何とかかわすガウ君。
流石に若干の成長は見せたかと言う所でエレ姉乱入。
セヴァールの登場で一気に沸くクルダ軍。それにイラっと来たライデインさんが襲いかかるが
前回かなり押されてたライデインさんを圧倒するエレ姉。理屈じゃねぇ。
一方ぶっ飛ばされたライデインはアストラルボディ化を発動w
アルトラルボディのバーゲンセールだ・・・!
てめーぶっ殺すぞ!って所で次回に続く。

てかアストラルボディって見ただけであーアストラルボディだなーって分かるもんなのか。
とりあえず後光が刺してるとかって特徴は有るけども。

今回は取りたてて言う程の事もないか。ガウ君が強さ的に1ランク上がったっぽいけど
メンタルが全く成長してないと言う印象が残ったぐらいで。
てか成長の兆しが見えたらエレ姉出張って来てるからなーw
とりあえず次。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。