スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シドニアの騎士第23話 アフタヌーン2011年4月号掲載

シドニア百景NO.18 岐神開発付近路地
要するにただの路地。映っているのはトクシーヌさんかな。

#23 小惑星の接近…

 小惑星阻止作戦が開始される
 激しい抵抗にあいながらも推進源に到達する衛人隊
 そこに待ちうけていたのは奇居子の新兵器だった…


衛人隊総勢96機。48機ずつ2小隊に分かれての展開。
48機で小隊って・・・てか単位がもう小隊しか無いのかも知れないね。
対して確認されている奇居子個体数は312体。一体3,4体と考えれば
命中さえすれば弾丸一発で一体倒せる今の衛人隊ならばそれほど絶望的な数字でもないかも知れない。
(単純な総力戦ならば)

作戦説明がされている間ずっと長道の呼吸音が続くw

以前ほどではないけれど、96機掌位もなかなか凄い。
途中まで進んで機首反転して逆噴射と言うのもこう、ヒクヒクさせられて良い。

まずは前方の雑魚奇居子を長距離砲身でパスパス狙撃。
長距離砲身は10機前後しか装備してないっぽいね。
数が足りないのか、下手くそに持たせても仕方ないからなのか。

小惑星に近付くにつれて延長砲身をパージ。
重力に捕らわれたサマリさんのおっぱいも荒ぶる。

そして一人延長砲身外し忘れて重力でバランス崩して味方一人巻き込んで墜落。
何してるの君・・・。

地表に展開した奇居子もヘイグス粒子で衛人隊を狙い撃つ。
一撃で衛人の胴体を貫通する威力で攻撃力は互角以上。
小さな本体にさえ当たらなければ倒されない奇居子の方が数段有利だろう。

重力と反動で姿勢制御が困難になり、徐々に被害が広がる衛人第一小隊。
その間に第二小隊が推進源に辿りつき、攻撃を開始する。

推進源は多くの奇居子が連結した巨大な物で、衛人隊がヘイグス粒子砲、弾体加速装置を
全力発射するも、なかなか胞衣を剥がす事が出来ない。

全機弾切れになるまで撃ち尽くしてもなお、あと少しと言う所で本体には届かない。
その時一体の奇居子が本体から分離する。

迎え撃つ第二小隊の前に現れたのは紅天蛾。腕部にこれまで見た事の無い巨大な器官を搭載している。

その時どーーーんと見開きでモニターが断絶。
46機残っていた第二小隊は全滅する。小惑星の阻止限界点まで残り3時間。次回へ続く。


纈が司令官って事でブリッジの描写も増えてるのが最近の特徴か。
てか46機秒殺ってシドニアの戦力を割単位で吹っ飛ばしてる様な・・・。
こんな戦闘@数回もしたら詰みそうだなぁ。

それにしても第二小隊の皆さん、エネルギーゼロでどうやって帰還するつもりだったんでしょう。
まあ、戦闘用エネルギーがゼロってだけで最低限の航行エネルギーは残ってるのかも知れないが。
こう言う時のためにもカビザシは有った方が良いんだろうけど・・・。
てかカビザシも今や量産出来るよな?パイルみたいな感じで腕部とかに標準搭載してあげたら
いいんじゃあないかなぁ。白兵戦になったら困るし。

戦闘シーン中心だと早いわ。では次。
スポンサーサイト

ミアソラ ROBOT魂 アリオスガンダムアスカロン レビュー


ROBOT魂 アリオスガンダムアスカロン
ミアソラ ロボット魂 アリオスガンダムアスカロン レビュー
http://www.miasora.net/gallery/robotama/ms/002nd/ascalon/


意識してるわけじゃないんだけど、いや、意識してないからこそか
何かどの機体もポージングが大体同じになる;
ほぼ好きなポーズって決まっちゃってるからなー。
まあ、無理に変なポーズ取らせても仕方ないから間隔に任せるか

ミアソラ ROBOT魂 エルガイムMk-Ⅱ レビュー


ROBOT魂 エルガイムMk-Ⅱ
ミアソラ ロボット魂 エルガイムMk-Ⅱ レビュー
http://www.miasora.net/gallery/robotama/hm/mark2/


格好良いんだが、今回はなんか構図が浮かばなかったなぁ;
そしてブログ書くヒマが無い( ´Д`)うごぁー

ミアソラ ROBOT魂 デスティニーガンダム レビュー


ROBOT魂 デスティニーガンダム
ミアソラ ロボット魂 デスティニーガンダム レビュー
http://www.miasora.net/gallery/robotama/ms/destiny/destiny/


パッケ開けた時はうっおー!くっあー!ざけんなー!って感じだったけど
2、3日もすれば流石に落ち着くね。
とりあえず頭部、肘、股関節は直そう。肩もどうにかしたいが、今は案が無い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。